会社情報 採用情報 HOME よくある質問 お問い合わせ サイトマップ 紛失・盗難のご連絡

Home / カードをつくる / はじめてのカード選び / クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

便利で手軽だから、知っておきたい知識。急な出費や大きなお買い物にはクレジットカードが強みを発揮。ここではクレジットカードの基礎知識をご紹介します。

1.クレジットカードとは?

「Credit」を日本語に訳すと、「信用」「信用する」となります。クレジットカードのクレジットとはまさにこの信用のことで、本来はお客様の信用に基づいた信用供与を意味しています。この信用を基に、お客様とカード会社の間に契約が結ばれ、クレジットカードを使って買物や食事をすることができるのです。

クレジットカード事業は、 「会員」「加盟店」「クレジットカード会社」の三者で成り立っており、基本的なカードの仕組みは以下のとおりです。

※1 ICクレジットカードの場合は、サインの代わりに暗証番号(PIN)を入力するケースもあります。

※2 利用代金の支払いは、お届けいただいた金融機関の決済口座から自動引落により行われます。

2.ご利用のメリット

クレジットカードを持つことによって、いろいろな楽しみがひろがります。

 現金を持ち歩かなくてもOK。また購入後のお支払い方法もいろいろ選べて便利です。
 キャッシングやローン機能もあり、国内だけでなく海外でも同様のサービスが受けられます。
 海外では本人確認の証明にも効果を発揮。信用があればこそ、便利な特典もあります。

3.ご利用にあたって

クレジットカードは、ショッピングでのお買い物、交通機関・公共料金の支払いなど、日常の生活のいろいろな場面でお使いいただけます。

詳しいサービスは、ぜひ「ライフスタイル別活用ガイド」をご覧ください。 また、カードのご利用にあたっては、その場で現金を支払うわけではないので、計画的なご利用が必要になってきます。正しく使えば、これ以上便利なものはありません。ご利用にあたっては、「カードをつかう前に」をぜひご一読ください。